トルクメニスタン☆ニュース

<< January 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トルクメニスタン国民への演説

トルクメニスタン国民の皆さん、全世界は大きな損失を被った。12月21日午前1時10分、トルクメニスタン大統領サパルムラト・ニヤゾフは、心拍停止のため急死した。

サパルムラト・ニヤゾフは21年間トルクメニスタン国民を導いた。国民を強化し、いかなる内紛も許さず、控えめな開発と、国民の健康増進をおこなってきたサパルムラト・ニヤゾフは、この母国の独立と主権の確立者であった。

続きを読む>>
    comments (0) | trackbacks (0)

    トルクメン指導者は安定を約束

    トルクメニスタンの臨時指導者は、権威主義的な大統領の突然死の後も国家は「安定と平穏」を保つであろうと述べている。

    続きを読む>>
      comments (0) | trackbacks (0)

      トルクメン指導者の死についてのQ&A

       トルクメニスタン大統領サパルムラト・ニヤゾフの死を受けて、BBCニュースは国際危機グループの中央アジアプロジェクト管理人マイケル・ホール氏に、その影響について訊ねた。

      続きを読む>>
        comments (0) | trackbacks (0)

        トルクメニスタン大統領サパルムラト・ニヤゾフが急死

         トルクメン大統領サパルムラト・ニヤゾフ(66)は、12月21日木曜日現地時間午前1:10に突然心不全で逝去した。

        続きを読む>>
          comments (0) | trackbacks (0)

          砂漠の雪のおとぎ話――トルクメニスタン初の氷の宮殿が建設

           トルクメニスタンのこの種のスポーツ施設としては初の氷の宮殿の開幕式が、5月19日にアシュガバットの南の郊外で開かれた。

          続きを読む>>
            comments (0) | trackbacks (0)

            トルクメンの本が「宇宙に飛び出す」

             トルクメニスタンの独特な大統領サパルムラト・ニヤゾフは、メッセージを広める異常な方法を見つけた――著書を宇宙に送るのだ。

            続きを読む>>
              comments (6023) | trackbacks (3)

              トルクメニスタンは録音された音楽を禁止

              トルクメン大統領サパルムラト・ニヤゾフは、公共のイベント、テレビ、結婚式で、録音された音楽をかけることを禁止した。大統領令で、ニヤゾフは、トルクメンの文化を「否定的な影響」から守る必要があると述べている。
               これは、権威主義の大統領が、この孤立した旧ソ連国家内で外国の影響を最小にしようという最近の動きだ、と分析者は述べる。大統領はすでに、オペラとバレエを「不必要である」として禁止している。

              続きを読む>>
                comments (1869) | trackbacks (5)

                ヨリー・グルバンムラドフ前副首相、6800万米ドル着服疑惑で告発

                 トルクメニスタンの検事総長グルバンビビ・アタジャノワ(Gurbanbibi Atajanova)は、昨日、閣議で下記のことを報告した。

                続きを読む>>
                  comments (1) | trackbacks (0)

                  検事総長室、エリー・グルバンムラドフを6000万米ドルと70億マナト横領で告発

                   検事総長室は、昨日開かれた閣議において、ある特定の経済部門とその長の仕事に関する捜査結果を一部発表した。

                  続きを読む>>
                    comments (0) | trackbacks (0)

                    サパルムラト・ニヤゾフ、モスクワで多数の会談を開催

                     トルクメン大統領サパルムラト・ニヤゾフは、Vデー60周年記念祝賀イベントに参加し、CIS諸国首脳による非公式サミットに参加するために日曜日ロシアの首都に入った。

                    続きを読む>>
                      comments (0) | trackbacks (0)
                      1/2 >>