トルクメニスタン☆ニュース

<< トルクメン指導者、暦を改名 | main | トルクメン指導者が青年期と老年期を再定義 >>

トルクメン大統領、暦の改名を提案

トルクメン国家通信社は、暦の改名に関する法令について、人民議会による草案を検討するよう、サパルムラト・ニヤゾフ大統領が議員たちに送付した、と伝えた。

 トルクメン大統領サパルムラト・ニヤゾフは、一年12カ月の名称を、国家英雄と最も重要な国家の象徴的人物にちなんで改名する意図を発表した。
 ニヤゾフは1月をトルクメンバシと提案したが、これは自分自身と結びつけてはならない、とも述べた。この言葉は「トルクメンすべての指導者」という意味である。他の月は、有名なトルクメンの詩人や作家にちなんで改名されることになる。

  • 2月はトルクメンの旗を記念する。
  • 3月はナヴルズ(Navruz)
  • 4月はニヤゾフの母グルバンソルタン・エッジェ(Gurbansoltan-edzhe)の名前
  • 5月はトルクメンの詩人マフトゥム・クリ(Makhtum Kuli)
  • 6月はトルクメンの将軍オグズ(Oguz)
  • 7月はトルクメンの叙事詩ゴルクト・アタ(Gorkut-Ata)の英雄ゴルクト
  • 8月は古代トルクメンの戦士アルプ・アルスラーン(Alp-Arslan)
  • 9月はニヤゾフの著書『ルーフナマ(Rukhnama)』
  • 10月は「独立」。
  •  11月と12月も同様に改名されることになる。
     週の名称も改名される。月曜日は主要な日。火曜日は若き日。水曜日は喜ばしい日、木曜日は祝福された日。金曜日は改名されない。土曜日は精神的な日、日曜日は安息日となる。
  • 出典:Turkmen President suggested to rename calendar(Turkmenistan.ru)
    comments (0) | trackbacks (0)

    Comments

    Comment Form

    Trackbacks