トルクメニスタン☆ニュース

<< トルクメン指導者が青年期と老年期を再定義 | main | トルクメン指導者、氷の宮殿の建造を命じる >>

トルクメンのドライバーは異常なテストを受けねばならない

 たいていの国では、志願者の運転能力によって、運転免許試験に通るかどうかが決まるというのは、ごく当たり前のことだ。しかし、トルクメニスタンでは、道路標識の知識やハンドルの扱い方を知っているだけではもはや不充分になった。志願者は今後、ニヤゾフ大統領の精神的な著作である『ルーフナマ』に含まれる内容の試験に合格しなければならない。

「トルクメン社会における高度な道徳的原則を未来の運転手に教育するために、ルーフナマの試験が必要なのです」と当局者はAFP通信社に語った。
 トルクメニスタンの終身大統領ニヤゾフ氏は、ルーフマナを600万人の国民のための道徳的ガイドブックとして書いた。哲学的な規約がトルクメンの国家意識の精神を促進するために使われている。ルーフナマのコピーは、コーランと並んでモスクに置かれており、礼拝者はそこで手に取ることができる。その抜粋は広告板の上に書かれ、その本は国の施設、メディア、芸術を独占している。これは学校・大学のカリキュラムでも必読書だ。
 ニヤゾフ氏はトルクメンバシ(トルクメンの父)と呼ばれているが、分析者によれば最近ますます風変わりになったという。2002年には自分自身と母親にちなんでカレンダーの月名を改名した。今年、個人の風采についていくつかの布告を出している。2月、若者の長髪とあごひげを批判し、4月にはトルクメン人が金歯をはめないように促した。

    comments (249) | trackbacks (0)

    Comments

    Comment Form

    Trackbacks