トルクメニスタン☆ニュース

<< 2006/12/21 | main | 2006/12/22 >>

トルクメン指導者の死についてのQ&A

 トルクメニスタン大統領サパルムラト・ニヤゾフの死を受けて、BBCニュースは国際危機グループの中央アジアプロジェクト管理人マイケル・ホール氏に、その影響について訊ねた。

ニヤゾフの死は意外だったか?

 それは確かにそうであった。健康が衰えているという噂はかなり長い間あったが、健康を維持するための手段と医師団を常に備えていると考えられた。

大統領は非常に権威主義的な指導者であった。後継者を指名していたか?

 ニヤゾフはほとんど国家そのものであった。そして、何ごとについても――政治、文化、科学――彼が命じることこそが法律であった。独自の政治組織はいかなる種類であっても認められず、そういったものが発展する機会もなかった。そして、後継指名された者もいない。

国家の父と自称していた大統領の死は、何らかの心理的効果を及ぼすだろうか?

 絶対に及ぼす。この精神は、全世代に影響を与えてきた。しかし、同時に、ニヤゾフが権力を持つ前にはどのような生活であったかを覚えていて、ものごとがどのようにありえたかという違った見方のできる高齢の世代もいる。とはいえ、確かに、国民の大部分において、大きなショックとなるだろう。

大統領の死は、世界にとってどのような意味があるか?

 トルクメニスタンは、天然ガスの巨大な供給地であり、ロシアや中国を服務多くの国々がそれを手に入れようと競っていることを忘れてはならない。したがって、どこかの国が影響力を及ぼそうとして混乱を引き起こすことがありえるかもしれないと考える。

政治的情勢不安の危険性はあるか?

 これについて語ることは非常に難しい。しかし、過去数年間、ニヤゾフが突然逝去することで、それぞれの地域・それぞれの部族の代表者間の政権争いを生み出すおそれが高まってきていた。それは――最悪のシナリオとして――内戦あるいは政権崩壊もありえる。しかし、現時点で、国内政治体制についての信頼できる情報はなく、発言することは難しいが、心配の種はあると考えている。

トルクメニスタンの外交政策は今後変化するだろうか?

 あらゆる国との最小限の関係を維持するために、ニヤゾフは中立政策をとっていたように思われる。国家が今からどの方向に向かうかを述べることは難しい。

この死は中央アジアにどのような影響を与えるだろうか?

 中央アジアのすべての国々は密接に結びついている。一つの国の情勢不安は、容易に他の国の情勢不安を生み出す。もしトルクメニスタンに情勢不安や紛争が起これば、隣接国家、特にウズベキスタンに大きな影響を与えることになるだろう。

    comments (0) | trackbacks (0)

    Comments

    Comment Form

    Trackbacks