トルクメニスタン☆ニュース

<< December 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トルクメニスタン国民への演説

トルクメニスタン国民の皆さん、全世界は大きな損失を被った。12月21日午前1時10分、トルクメニスタン大統領サパルムラト・ニヤゾフは、心拍停止のため急死した。

サパルムラト・ニヤゾフは21年間トルクメニスタン国民を導いた。国民を強化し、いかなる内紛も許さず、控えめな開発と、国民の健康増進をおこなってきたサパルムラト・ニヤゾフは、この母国の独立と主権の確立者であった。

続きを読む>>
    comments (0) | trackbacks (0)

    トルクメン指導者は安定を約束

    トルクメニスタンの臨時指導者は、権威主義的な大統領の突然死の後も国家は「安定と平穏」を保つであろうと述べている。

    続きを読む>>
      comments (0) | trackbacks (0)

      2006/12/22

      • トルクメニスタンは治安、法、秩序を維持
      • ウラジミール・プーチンはロシア・トルクメン関係の継続を望む
      • トルコ大統領がサパルムラト・ニヤゾフの冥福を祈る
      • カザフ国民がトルクメン国民とともに哀悼
      • ウクライナ大統領がトルクメン大統領葬儀に参列
      • 中華人民共和国胡錦涛総書記がサパルムラト・ニヤゾフ逝去に弔辞
      • モスクワ・全ロシア総大司教アレクセイ2世がトルクメニスタン国民に弔意
      • OSCE常任委員会委員がサパルムラト・ニヤゾフを追悼
      • 大統領代行がトルクメニスタンで任命される
      • 駐ロシア・トルクメニスタン大使館に記帳所が開かれる
        comments (24) | trackbacks (0)

        トルクメン指導者の死についてのQ&A

         トルクメニスタン大統領サパルムラト・ニヤゾフの死を受けて、BBCニュースは国際危機グループの中央アジアプロジェクト管理人マイケル・ホール氏に、その影響について訊ねた。

        続きを読む>>
          comments (0) | trackbacks (0)

          2006/12/21

          • トルクメニスタンは国家的服喪を宣言
          • トルクメニスタン国内政策・対外政策に変更なし
            comments (8) | trackbacks (0)

            トルクメニスタン大統領サパルムラト・ニヤゾフが急死

             トルクメン大統領サパルムラト・ニヤゾフ(66)は、12月21日木曜日現地時間午前1:10に突然心不全で逝去した。

            続きを読む>>
              comments (0) | trackbacks (0)
              1/1